経営力を高める為の営業再設計コラム ~ 明日の営業力を高める気づきをめざして ~

2017.01.01  第57回 日経元旦の記事から予測する今年のキーワード

━【今回のテーマ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

日経元旦の記事から予測する今年のキーワード

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━ 

提言0101

このコラムも今年で3回目のお正月を迎える事が

できました。

 

「石の上にも3年」

続けていますと少しでも皆さまにお役にたてれば

という気持ちが高まります。

 

同じ「3」ですが今年、大森は3度めの厄年を迎えます。

昔の人は、「還暦」とはよく言ったもので

昨年は体の至るところに「黄カード」がでました。

 

今年は、健康管理を軸に、後は集中力と体力で、

「コンサルティング営業」を追及していきます。

 

このコラム、月に2回ではありますが、

お時間のある時に、ぜひご一読ください。

 

さて、今朝も日経新聞の1面を

過去3年の一面記事と比較しながら、

熟読をしてみました。

 すると面白い傾向が判りました。

 

その傾向は

内容が「働き方」や「世界観」の軸から

「延長」から「断続」という個人に

発想の転換を求める記事に

変わったことです。

 

4年前から、1面のトップを掲載しますと

AR進化⇒働き方の変革⇒アジアの力

と変わってきました。

 

具体的には

ARが進化して、人類の働き方が変わり、

それをアジア特にインド出身のCEOが

世界をリードする。

 

それが今年は、技術の進歩や世界情勢を超えて

過去の延長線上にない

「断絶」の時の到来を訴求していました。

 

具体的には

2050年にエンジンで走る車はゼロ

2040年に会社の上司の半分はAI

2030年にレジのないスーパーが普通

 

これを営業の立場に置き換えますと、

顧客の有する新たな技術や商品を

貴殿がどのように、自社の商品と組み合わせて

提案をするのか?

 

従来の発想にはない、新たなコンセプトを

企画立案する力になります。

 

これこそが、営業として

「コンサルティング力」が

試されるチャンスです。

 

今日(元旦)の記事こそが、過去の延長線になく

「断続」を超えて、ピンチをチャンスにする事を

示唆していれていると感じました。

 

今年のキーワードは「断続」

 

年初の忙しいときに最後までお読みくださり

ありがとうございました。

 

本年も、このコラムをどうぞ、よろしくお願いします。

 

バックナンバーはこちら

ご相談方法

お問い合せフォーム、もしくはお電話03-6869-8652までご連絡ください。
当方よりメールもしくはお電話でご連絡をさせていただき、初回相談日を決定させていただきます。

お問い合せはこちら
 


このページの先頭へ戻る