経営力を高める為の営業再設計コラム ~ 明日の営業力を高める気づきをめざして ~

2016.12.15  第56回 営業マンが年末に考える「長期的視点」の大切さ

━【今回のテーマ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

営業マンが年末に考えるべき「長期的視点」の大切さ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━

提言1215 

12月にはいり、街を歩いていますと

いたるところでクリスマスソングが流れており

今年も終わりだな~と感じます。

 

そんな中で、営業マンは年末まで

目標達成に向け、数字を追いかけています。

 

年末は、カレンダーを持って

普段面談できない役職者に

会う事のできるチャンスでもあります。

 

そして仕事だけではなく、家族や趣味など

来年1年の抱負を、頭の中で思いめぐらす

時期でもあります。

 

年末を迎えるにあたって、

今月(12月)だからこそ営業マンに

数字以外で自問してほしいことがあります。

 

それは

「貴殿は、何のために仕事をするの?」です。

 

いきなり、「とんでもない質問!」と思われるかもしれません。

 

しかし、ここで少し考えてみてください。

 

来年1年の抱負や目標は短期の目標です。

 

仕事における短期の目標とは

年間売上目標、月間目標、週間目標、そして今日の目標

これらは、簡単に設定できます。

 

一方、長期の目標とは

一生の中で成し遂げたい事

一生は無理でも、

3年~5年くらいの期間で達成したい事

 

この長期的の目標を考える際

きっかけになる質問が

「何のために仕事をする?」なのです。

 

「今の自分のやっている仕事は長い人生の中で、

どんな意味があるのか?」

「これからの人生の中でどう位置づけるのか?」

 

これらを考えた上での計画と、

ただ「来年の計画をたてる」では、

雲泥の差があります。

 

ちなみに、私は2020年の自分を見据え

今年の反省を加えながら、

来年の抱負を考えます。

 

これは、長期的視点と短期的な視点の

バランスとも言えるかもしれません。

 

仕事と休息、収入と支出、短期と長期、

何事にもバランスが大切です。

 

この年末は事務所や部屋の掃除だけではなく、

この「長期的視点」について

時間をとって考えてみてはいかがですか?

 

用意するものはA4、1枚の紙と鉛筆です。

集中する時間は10分。

 

本年も、最後までお読みいただきありがとうございました

バックナンバーはこちら

ご相談方法

お問い合せフォーム、もしくはお電話03-6869-8652までご連絡ください。
当方よりメールもしくはお電話でご連絡をさせていただき、初回相談日を決定させていただきます。

お問い合せはこちら
 


このページの先頭へ戻る