経営力を高める為の営業再設計コラム ~ 明日の営業力を高める気づきをめざして ~

2022.11.15  第198回 DX時代 社長が大切にしてほしい参謀の話

━【 今回のテーマ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DX時代 社長が大切にしてほしい参謀の話

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━

従業員400名の某企業、社長さんからのお電話です。

「1度、私の話を聞いてもらえませんか?」

 

いつもは、ご挨拶と半期単位の役員会で

DX進捗に向けての報告会など

そんな時しか、話す機会がない方からのご依頼。

 

大森は、ビックリです。

年に1~2度、このような相談がありますが。

過去の経験から、この手のお話は重い。

 

ご訪問の日は、30分前に近くの喫茶店で待機

気持ちを落ちつけ、準備万端で臨みます。

 

「私の、考えは間違っていますか?」

軽い雑談の後、本題の言葉です。

 

内容のコメントは、控えますが

主旨は、社内の役員だけではなく

第3者からの客観的な意見も聞きたい。

 

ご返事は、「絶対に間違っていません」

 

この企業さん

役員間では密なコミュニケーションをとっておられ、

大企業にありがちな派閥もなく

その関係は良好と判断しています。

 

どんなささいな事でも、役員3人で相談して決める。

ただ、どこかで「フッ」と不安になる。

 

なぜならば最終的に決めるのは、社長だからです。

その責任の重さからくるオーラを、時折感じます。

 

特に、経営の大きな方向転換や改革には

大きな痛みを伴う。

 

その痛みは、投資家や社員から

反論としてとんでくる。

 

社長には、その痛みを乗り越えるだけの胆力が

問われます。

 

別の機会にこんな事を問われた事がありました。

 

「大森さん、私がこの難局を乗り切る力があると

 思いますか?」

 

このようなお話には、敬意を表しながら

心を込めて、単刀直入に答えます。

 

これも、「経営者としての資質を見極めろ」という

重い質問です。

 

DX推進であれ、何であれ

経営者の深い悩みに1対1で対峙する。

こんな時は、言葉ではなく眼を見て語る

 

貴殿にはそんなブレーンがおられますか?

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

バックナンバーはこちら

ご相談方法

お問い合せフォームにてご連絡ください。
当方よりメールもしくはお電話でご連絡をさせていただき、ご相談日を決定させていただきます。

お問い合せはこちら
 


このページの先頭へ戻る