経営力を高める為の営業再設計コラム ~ 明日の営業力を高める気づきをめざして ~

2022.01.01  第177回 日経元旦の記事から予測する2022年のキーワード

━【 今回のテーマ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経元旦の記事から予測する2022年のキーワード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━

新年、あけましておめでとうございます。

 

月に2度、休み関係なしの1日と15日に発行しています

このコラムも今回が第177回

8回目のお正月を迎えることができました。

 

これも、皆さまのDX時代の営業力強化

そして、私自身のキャリアアップになればと思い

元旦返上でまとめてみました。

 

さて、今朝も日経新聞の1面を

過去7年の一面記事と比較しながら、熟読しました。

 

過去7年間のTOPは

2015年 「リアルの逆襲/持続より破壊」

2016年 「目覚める40億人の力」

     世界72億人の内40億が世界経済を牽引

2017年 「延長」から「断続」の時代

2018年 「断続」から「個を放つ」

2019年  つながる100億の脳

2020年 「さびつく成長の公式」

2021年 脱炭素の主役 世界を競う

そして今年は

 「資本主義 創り直す」

 

具体的には

競争⇒再挑戦⇒成長の好循環

資本主義が、戦前の大恐慌・戦後の冷戦期と2度の危機を乗りきりましたが、

再度、未来図を描きなおす時期に来ていると謳っています。

 

そして、その解は「フレキシキュリティー」

これは、柔軟性(フレキシビリティ)と安全性(セキュリティ)の造語です。

 デンマークが1990年代に解雇規制を緩和、人員削減がしやすい一方で、リスキリング(学び直し)や再就職支援を手厚くするといった手法です。

 

30年間、実質賃金が増えない「国民総貧困化」を救う岐路になる事を祈る1年です。

 

ところで、8年間の元旦見出しを眺めてみますと

今年は、テーマの大きさ感が変わりました。

 

DX 脱炭素 繋がり といった個別テーマではなく

資本主義の原点を見直す記事と感じました。

 

少し、大きな眼で時代の流れを視る

そんなことに挑戦したいと思っています。

 

皆さんはどんな事に挑戦しますか?

 

年初の忙しいときに最後までお読みくださり

ありがとうございました。

 

本年も、このコラム

どうぞ、よろしくお願いします。

ご相談方法

お問い合せフォーム、もしくはお電話03-6869-8652までご連絡ください。
当方よりメールもしくはお電話でご連絡をさせていただき、ご相談日を決定させていただきます。

お問い合せはこちら
 


このページの先頭へ戻る