お役立ち情報

5F分析

5Fとは、Five Competitive Shopping the Industry の略で、「5つの力」といわれています。
提唱者であるポーターは、業界の競争構造の要因を、以下の5つに分けて考えることを提唱しています。
  • 新規参入の脅威
  • 競合の脅威
  • 代替品の脅威
  • 供給者の脅威
  • 購入者の脅威
これは、企業が競争の原理や業界構造を分析する際に活用する手法です。
最近は原油等の価格が高騰で原価率が上がっており、頭を痛めている企業もたくさんあります。
(私が今ご支援している温泉などはその典型)
この関連記事を注意深く読むと、各業界の温度差が浮かびあがってきます。
例えば鉄鋼業界では、「○○は値上げを要請する。」とありますが、ガソリンについては、「△△はXX日、Y月からガソリンなどの卸値を、前月比1リットル当たり1~1.5円値上げする方針を明らかにした。」、と明らかにトーンが異なります。
また、航空業界でも国際線は、値上げの傾向ですが、国内線は値下げの方向にあります。
これは業界によって競争構造が異なっているのが原因で、その業界の競争構造を明らかにしよう、というのが「5フォースモデル」と呼ばれるものです。
内容的には、SWOT分析の脅威の内容をさらに詳細に分析したようなイメージが強いので、中小企業ではあまり活用しません。実は、そこまでの経営的な基盤がない、というのが本音です。

ご相談方法

お問い合せフォーム、もしくはお電話03-6869-8652までご連絡ください。
当方よりメールもしくはお電話でご連絡をさせていただき、ご相談日を決定させていただきます。

お問い合せはこちら
 


このページの先頭へ戻る